ブートジョロキアの通販・生産販売


ブートジョロキアのルーツ

ブートジョロキア
 ブートジョロキアは、北インド(アッサム州、ナガランド州、マニプル州)およびバングラデシュ産のトウガラシ属の品種である。2007年にギネス世界記録でハバネロを抜いて世界一辛いトウガラシとして認定された(現在は別のトウガラシであるキャロライナ・リーパーが一位となっている)。辛さを表す単位は、1,04万1,427スコヴィルです。
 ドーセット・ナガという種が非公式世界一と囁かれているが、これはバングラデシュのシレットからブートジョロキアの種を持ち帰りイングランドのドーセットで育てたもの。もともとはバングラデシュ産が原産です。現在、インド産とバングラデシュ産の間で同種・異種を巡り議論が行われているが、それに関してはバングラデシュの企業が調査を行っています。ブートジョロキア熟した実は長さ60mmから85mm、幅25から30mmで色はオレンジまたは赤。ハバネロに似るが表面はザラザラしており凹凸があります。

ブートジョロキアの栽培状況

ブートジョロキアの料理方法

ブートジョロキアの料理
ブートジョロキアは、辛いものが、お好きな方、一味をいろいろなものに、かけて見てください。

・カレーライス
・麻婆豆腐
・ラーメン
・ラー油
・その他

ブートジョロキアの通販

ブートジョロキア一味通販生産販売しています。
・ブートジョロキア一味 9月〜
・ブートジョロキア種  2月〜
・ブートジョロキア苗  5月

ご購入の方は、こちらをクリックしてください

9月から販売予定