つくばとうがらしの通販


つくばとうがらしのルーツ

つくばとうがらしのルーツ
以前、内藤とうがらしと呼ばれていたもので、今後は、つくば名産のとうがらしとして販売していきます。
 このとうがらしは、江戸時代の宿場町、内藤新宿で育てられた野菜のひとつ。当時、蕎麦が流行していた江戸では、薬味として瞬く間に人気となり、新宿近郊の農家がこぞって栽培をしていました。

つくばとうがらしの用途

つくばとうがらしの用途
つくばとうがらしは、一味にして、いろいろな物にかけて、お楽しみかださい。

・漬物
・一味
・野菜炒めなどのアクセントに
・荒く刻んで、薬味など
・種を使って家庭菜園に

つくばとうがらしの通販